不動産を相続するに当たって是非とも知っておきたい事

ビル

不動産を相続するに際して、是非とも知っておくべき幾つかのことがあります。
その一つは、不動産によって相続対策ができるということです。
一般に、同じ価値の相続財産でも資産の内容によって相続税の金額は変わってくることになります。
つまり、現預金で相続する場合と比べて不動産で相続したほうが、相続税を節税することができます。
そのため、不動産での相続は賢い相続方法と言えるでしょう。
不動産の相続に関して知っておきたいもう一つのこととは、相続には税金がかかってくるということです。
例えば、不動産を相続した翌年からは固定資産税を支払う義務が生じます。
また仮に相続した不動産を売却するとしたら、所得税がかかってきます。
こうした点を覚えておくのはよいことです。
さらに、不動産を相続したら管理者責任が生じるという点も覚えておきましょう。
これは、台風などの災害で瓦が飛んで隣の家を傷つけたような場合、不動産の所有者としてその責任を負う必要が生じるということです。

ビル